無料シャトルバスで行けるスキー場

  • スキーへ行くなら夜行バスが便利です

    • これからのスキーシーズンを目前に仲間同士で計画を立てられるかと思います。

      スキー場へ行く手段は済んでいる地域にもよります。スキー場がすぐ近くですと、徒歩あるいは自家用車で行けます。また、自宅から東北や北海道が離れていれば飛行機を利用します。



      スキー場が集結している長野県など信州方面へは夜行バスが運行していますのでとても便利に利用できます。
      たいていの行程は、金曜日の夜8時頃出発して車中泊で早朝5時か6時ごろに現地に到着します。
      そして、土曜日と日曜日の夕方まで滑って夜8時頃出発して翌朝5時ごろ到着するパターンです。現地に1泊以上できるプランもあります。バスツアーならではの魅力は、休憩にサービスエリアに泊まりますのでその地域のお土産を買ったり、特産の食べ物、例えば信州ならそばを食べることができ、スキー以外でも楽しむことができます。

      大きなサービスエリアなら真夜中でもにぎわっていて活気があります。
      そして、バスなら荷物を積み込んでしまえば現地に着くまで持ち運ぶことがなく、最寄りの宿泊先まで連れて行ってくれるので負担がありません。



      しかし、安価なツアーですとバスの停留所から宿泊先が遠かったり、また宿泊先からゲレンデが遠いことがありますので予約をする前には確認が必要です。
      また、バスツアーは飛行機や鉄道のプランに比べて安価ですので学生さんにはお勧めです。
      車酔いがなく、車中でも眠れる方には特におすすめできます。

      東京発でusj情報選びをサポートします。

top